みえないとき

Time invisible

2012年

インスタレーション|机、椅子、照明器具、時計ほか|w510×h270×d1000cm

Installation / old desk and chair, lighting, clock etc. / w510×h270×d1000cm

かつて石炭の貯炭槽(ホッパー)にある小さな部屋で展示。古い机に耳を当てて、中に入っているアナログ時計の音を聞く作品。音を聞くためにその姿勢を取ると、その目線の先に小さな扉があって、外には美しい緑が広がっており、時間を重ね古く朽ちた建物と対比された光景を静かに見ることができる。
 
This work was showcased in a small room in an old coal-hopper. Visitors listen to the sound of an analog clock through an old desk. When you place your ear closer to the desk, your view reveals a small door. The beautiful green landscapes outside contrasts sharply with the aged and ruined building, as the clock ticks.

 

© 2020 Imamura Ikuko

  • Facebook
  • Instagram