さしこむ光

Dropping Light

2012年

インスタレーション|落ちていたバケツ、チェーン、ホッパーの穴からの光、水

Installation / bucket of a dumper, light from a hole in a coal chute, water, chain

かつて石炭の貯炭槽(ホッパー)で作品を展示。当時石炭を落としていた穴の蓋が腐敗して光が差し込む光景が、まるで誰もいない劇場に落ちるスポットライトのようで、捨てられていたバケツを吊るして浮かせ、光を当てた。さしこむ光はサイトスペシフィックな現象であり、石炭が掘られ運ばれていた当時の記憶と今までの積層された時間が可視化され、穴からの光と汚れたバケツから歴史の物語を感じる。
 
This installation was shown in an old coal-hopper. When I saw the light shine down through the holes in a coal chute, I imagined the spotlight in an empty theater. I hung an old bucket and let it shine. This is the site specific phenomenon which concretized the memory of the coal-mine and the layers of times from the past to present. The light through the hole and the old bucket recall the story in the history.

 

© 2020 Imamura Ikuko

  • Facebook
  • Instagram